Qualification
資格案内

About

保育士資格について

平成15年11月29日から改正児童福祉法が施行されています。
この法律の施行により、保育士資格の法定化が図られました。
現在保育士として働くには、業務に就く前に都道府県知事に対して登録申請手続きを行い、保育士証の交付を受ける必要があります。
登録を行い、保育士登録証(保育士証)が交付されてはじめて保育士として働くことができます。
登録をしなければ資格がなくなってしまうのですか?

保育士として業務を行っていない方については必ずしも登録する必要はなく、登録をしなくても資格がなくなるわけではありません。
ただし、今後保育士として業務を行おうと考えている方は業務に付く前までに登録をしておく必要があります。

※ベルサンテスタッフにご登録頂きますと、保育士登録の前からお仕事のご紹介が可能です。
スムーズにお仕事を開始するため、またお仕事探しのサポートとしてぜひご登録下さい。
保育士の登録はどうやって行うのですか?

登録申請については以下になります。

登録先
指定保育士養成施設卒業者 → 申請時点の住所地の都道府県
保育士試験合格者 → 合格地の都道府県知事
申請先
登録先は上記のとおりですが、登録申請は登録事務処理センターに郵送して下さい。
登録申請時の提出書類
●保育士登録申請書
●保育士資格証明書もしくは一部科目合格証明書(全科目分)
●郵便振替払込受付証明書

※また、婚姻等により氏名が保育士資格証明書と異なる方は、上記提出類の他、戸籍抄本又は戸籍一部事項証明が必要となります。
登録手数料
4,200円
※国で定める標準額であり、最終的には都道府県知事の条例で定められます。
申請の方法
下記の所で「保育士登録の手引き」を入手し、記入方法に従い必要書類に記載し提出書類を添えて申請を行って下さい。
保育士登録の問い合わせ先
登録事務処理センター(社会福祉法人 日本保育協会)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1
登録案内専用電話:03-5485-3150(平日9時~12時・13時~17時30分)
音声案内及びFAX:03-3797-7892(終日)
ホームページ:http://www.hoikushi.jp
保育士証が手元に届くまでにどれくらいかかりますか?

書類不備などの場合を除き、おおよそ2ヶ月ほどかかるとされています。
ただし申請書類の受付時期や受付状況によっては、更に長くなる可能性もありますので、早めに申請をしておきましょう。

※ベルサンテスタッフにご登録頂きますと、保育士証が届く前からお仕事のご紹介が可能です。
スムーズにお仕事を開始するため、またお仕事探しのサポートとしてぜひご登録下さい。
名前・住所の変更があった場合、登録の変更は必要なのですか?

引越しなどで住所が変わった場合は変更する必要はありません。
ただし、氏名又は本籍地のある都道府県名が変わった場合は、保育士証の「書換え」(手数料1,600円)を申請する必要があります。

保母資格のままなのですが、登録は必要なのですか?

児童福祉法の改正後(平成15年11月29日~)は保母資格を含めて、保育士となる資格を証明する書類のみでは働けなくなりました。
「保育士」として働くには、業務に就く前に都道府県知事に対し登録申請手続きを行い、保育士証の交付を受ける必要があります。

保育士資格に更新はあるのですか?

一度保育士登録を行い、保育士証が交付されると、その後更新を行う必要はありません。
ただし、氏名又は本籍地の住所変更、保育士証をなくした場合などは手続きが必要になります。

保育士登録に関する詳しい情報・お問い合わせは「登録事務処理センター」で受け付けています。
登録事務処理センター
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1
登録案内専用電話 03-5485ー3150(祝日を除く月~金、午前9時~午後5時30分)

保育士資格の取得について

保育士試験について詳しく知りたい

試験の詳細については以下になります。

★ 保育士試験について ★
◎受験申請書受付期間
受験申請に必要な書類は「受験の手引き」で確認することができます。
受験申請書など、必要な書類が同封されているので 保育士試験を受験する方は必ず取り寄せなければなりません。
全国保育士養成協議会のページからインターネット、または郵送で請求してください。

◎試験時期
年に1回の実施です。
筆記試験・・・平成29年4月22日(土)、4月23日(日)
実技試験・・・平成29年7月2日(日)

★ 問合せ先 ★
各都道府県の児童福祉主管課

受験資格や試験科目など、詳しくは全国保育士養成協議会まで。
保育士試験に関する詳しい情報は「全国保育士養成協議会」をご覧ください。
保育士試験の勉強をするには独学しか方法がないのですか?

独学で勉強する以外に、通信講座や保育士試験スクールに通う方法があります。
今の生活と両立させながら、短期間で資格取得が目指せるのが特徴です。

キャリア・ステーション

※詳しくはベルサンテスタッフまでお問い合わせ下さい。
幼稚園教諭免許だけ持っている場合の特例制度とは何ですか?

平成27年度より施行される「子ども・子育て支援新制度」に伴い、平成31年度末(予定)までの間、特例制度が設けられます。

特例制度では保育士養成施設で講義を受講することで、保育士試験の筆記試験が免除になります。

対象となる方は幼稚園教諭免許を持っており、幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)や認定子ども園、保育所等の施設で「3年以上かつ4320時間以上」の実務経験がある方になります。
※例えば「1日6時間、週5日以上」勤務する場合は3年で満たすことができます。

特例制度で保育士資格を習得するにはどうすればいいですか?

保育士試験の申込時に、幼稚園等における「実務経験証明」と、大学等の指定保育士養成施設で特例教科目を受講するともらえる「専修証明」が必要になります。
その後保育士試験の筆記免除となり保育士資格が取得できます。

※特例教科目を履修せず筆記試験を受験する場合は、「教育原理」と「保育の心理学」に加え「保育実習理論」の3科目が免除となります。
特例制度に関する詳しい情報は、厚生労働省「幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例」をご覧いただくか、ベルサンテスタッフまでお問い合わせ下さい。

幼稚園教諭免許について

大学などの養成施設を卒業する以外に取得方法はありますか?

基本的には幼稚園教諭免許状の取得できる教職課程がある養成施設で、必要単位を習得して卒業する必要があります。
それ以外の方法として「教員資格認定試験」で合格するか「教育職員検定」を経て取得する場合があります。

「教員資格認定試験」とは何ですか?

「教員資格認定試験」は文部科学省が実施する教員資格の認定試験のことで、合格者には幼稚園教諭2種免許状が授与されます。

毎年4月~5月頃に文部科学省のホームページで試験の概要が公開されます。
幼稚園教諭免許を取得していると一部試験科目が免除されますので、確認してみてください。
受験の条件として、保育士としての実務経験が3年以上必要になります。
「教育職員検定」とは何ですか?

「教育職員検定」は都道府県の教育委員会が実施する制度です。
教職課程や文部科学省の行う「教員資格認定試験」とは別の制度ですが、取得できる幼稚園教諭免許に違いはありません。

検定に必要な要件は各都道府県教育委員会によって異なってくるので、申請する場合は各都道府県の教育委員会までお尋ね下さい。

「教員資格認定試験」と異なり、幼稚園教諭2種だけでなく、経験や修得単位によって1種免許や専修免許を取得することも可能です。
また平成27年度から31年度末までは「認定こども園制度」への円滑な移行・促進のため特例制度が設けられています。

「教育職員検定」の特例制度とは何ですか?

平成27年度より施行される「子ども・子育て支援新制度」に伴い、平成31年度末(予定)までの間、特例制度が設けられます。
特例制度では大学で単位を習得し、教育教員検定を経ることで幼稚園教諭免許状が授与されます。
特例制度では通常の「教育職員検定」よりも少ない単位数で幼稚園教諭免許を取得できます。

対象となるのは保育士資格を取得済みで、保育士として3年以上かつ4320時間以上の実務経験が必要になります。
この経験は過去の経験でも活かすことができるので、現在勤務していない方や、保育関係の仕事をしていない方も特例制度を活用することができます。
特例制度に関する詳しい情報は、文部科学省「幼稚園教諭の普通免許状に係る所要資格の期限付き特例」をご覧いただくか、ベルサンテスタッフまでお問い合わせ下さい。
幼稚園教諭免許の1種、2種に違いはありますか?

幼稚園教諭免許状には「1種」「2種」「専修」免許があり、各都道府県の教育委員会より授与されます。

◆1種免許状:4年制大学にて幼稚園教諭養成課程を修了し、卒業することで取得。
◆2種免許状:短大、専門学校を卒業することで取得。通信教育でも習得可能。
◆専修免許状:4年制大学を卒業後、大学院にて修士課程を修了することで取得。

取得の手段によって違いがありますが、免許の種類によって仕事内容が変わることはありません。
しかし園長になるには原則として1種免許状が必要とされています。
名前・住所の変更があった場合、更新が必要ですか?

必ずしも更新が必要というわけではありません。
更新の場合は書き換えとなるので、免許状の原本が必要となります。
免許状を発行した都道府県での書き換えとなりますので、ご注意下さい。

幼稚園教諭免許の更新について

免許を持っていれば誰でも受講できますか?

免許状更新講習は現職の教員ではない方や教員になる予定のない方は、教員免許状を持っていても受講できません。
しかし教員採用内定者となったり、臨時任用(または非常勤)教員を希望し、教育委員会等が作成するリストに登録されると更新講習を受講することができます。
また、過去に教員として勤務した経験のある方も受講することができます。

講習を受講しない・更新期間が過ぎた場合、免許はどうなるのですか?

現職教員など、更新講習の受講義務がある場合は免許状が失効し、免許状を返却する必要があります。
受講義務者以外の方は期限を過ぎても免許状は失効しません。
しかし、そのままでは教諭として勤務することができないので勤務するためには更新講習を受講・修了する必要があります。

自分の免許の期限が知りたいです。

文部科学省ホームページより、生年月日や保有免許情報などを入力することで確認ができます。
教員免許更新制ページ文部科学省

幼稚園教員の免許を持っていれば保育園で勤務する保育士でも受講できますか?

保育園の保育士は受講することができません。
しかし幼稚園教諭免許状と保育士資格を両方持っている方が多いことや、認定こども園において勤務する場合は幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を持つ必要が求められていることから、幼稚園教諭免許状をお持ちの方で、認定こども園で保育士として勤務している場合や、勤務する保育所の設置者が幼稚園も運営している場合は、更新講習の受講が認められます。

講習の内容、費用、期間、場所が知りたいです。

必須領域12時間以上、選択領域18時間以上の計30時間以上の講習を2年間の更新講習受講期間内に受講することになります。
受講料については、基本的に開設者毎に設定されており、各人で更新講習開設者に直接支払っていただくことになります。
更新講習は文部科学省の認定を受けている講習であればどこの都道府県、どこの大学で受講していただいてもかまいません。
講習開設情報は文部科学省のページを御覧ください。
教員免許更新制ページ文部科学省

幼稚園教諭免許に関する詳しい情報は「文部科学省HP」ご覧ください。